ひきこもっていても、ちょっと外出できそうなところ 『趣味とイベント』編

20160327長崎漫画創作団体DEPαRTUREアニです。本日はお日柄も良くですが、ちょいと肌寒いです。

日曜日ちょっとだけ外出してきました。アニは不登校の頃、平日に外出する勇気が無かった(「あの子学校も行かず何してるの?」っていう目が耐えられなかった)ので、土日・祝日が外出する日(ゲーム発売日とバッティングセンター通いは例外)でした。アニはどちらかといえば“アウトドア派ひきこもり”なので、割と散歩とか好きです。

たまたま展示されていた「コミックアートフェスタ2016」というポスターが気になったので、ちょっと覗いて来ました。『長崎漫画創作団体DEPαRTURE』というオリジナルの漫画・イラスト創作をしているサークルさんが主催しているイベントです。サークル参加者の方の作品展示がメインでしたが、他にもぬり絵コーナーとか、アニが行った時には漫画創作体験コーナーというのをやっていたみたいです。アニは不器用で、絵は“見る専門”ですから遠目で見ていただけですが。

基本的に話すのは苦手だけど、趣味(自分の得意分野)となれば話ができて行動的になる人は多くいます。当然、不登校ひきこもり当事者・経験者でも同じことが言えると思います。

「外出しても行くところがない」「居場所や支援の場の行き来しかしていない」「仕事探しを焦っているけど行動できない」など。そんな時、自分の趣味に合った、興味を持ったイベントに行ってみるのも手だと思います。大抵の場合、一過性のイベントですから人間関係はそこまで気にしなくても大丈夫ですし、辛くなっても早々に立ち去ることも許されます。もしかしたら何かきっかけを掴むこともできますし。

こういった「いつもと違う場所に行く」「ちょっとした息抜き」が気持ちを楽にすることもあります。家にこもっていることが辛い時、少し考えてみてください。特に展示会的なイベントは行きやすいと思います。オススメです。

ちなみにアニは「四葉やこ」さんという方のイラスト付きハガキを購入しました。今度、興味のありそうな知人に送りたいと思っています。

 


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL