ひきこもっている子どもの金遣いが半端なくて困っているんだが…(更新版)

哀しいトリ サイズ小管理人アニが家族の方からよく聞く質問の一つです。

「部屋にひきこもっている子どものお金遣いが荒くてどうしようか悩んでいます。インターネットの料金が高額になったり。ネット通販で買い物を勝手にして、後で高額な請求が来ます」

お金の問題はシビアですよね。家庭それぞれに経済的事情というものがありますから。でも「インターネットは悪いもの」と切り捨てないであげてください。ひきこもり状態を改善する方法の1つに「安心してひきこもれる環境」があります。インターネットを必要としている場合は環境を整えてあげてください。問題はその整え方です。

これからオススメする方法はある程度経済的に余裕のある場合です。

1:通信料金の契約はどうなっていますか?

インターネットを利用する方式としてパケット通信と光通信の2種があります。

パケット通信はやり取りする情報量で金額を決定する方式です。GB(データ量の値)の多さで金額を決めています。

例えば、YouTubeの10分ほどの動画は約45MBを使用します。「1000MB=1GB」ですので、2GBの契約だと月45回程度利用する計算になります。実際には動画が高画質の場合などありますので、もっと利用回数は減ります。つまりYouTubeなどスマートフォンでパケット通信を使用する人は5GB以上の契約じゃないと厳しいということです。

光回線だと定額であまり考える必要はないですが、月6000円ぐらいの契約となります。

特にパケット通信はインターネットとつないでいる時間ではなく、インターネットから送られる情報量によって金額が上下します。油断すると高額になりやすいので注意が必要です。

インターネットは通信量多くなればなるほどお金がかかります。部屋にひきこもっていると長い間インターネットを使用していることがほとんどです。どのくらいの頻度で使用しているかによって契約や通信の方法を考えてください。詳しくは専門のサイトを見るのがベタですね。

2:「お小遣い&チャージ方式」がオススメ

インターネットの中にはお金を使って色々できるようになるものがあります。いわゆる課金ですね。特にゲームの中には利用者にお金を使わせようとすることが多いです。ついつい楽しくゲームしたいと思うと課金する欲求に駆られることはよくあります。1カ月で10万円ぐらい課金した例も聞きます。

なるほどトリ サイズ小決済の方法は色々ありますが、クレジットカードによる決済を許すと際限がなくなることが多いです。これだけは止めた方が良いです。ではどうすればいいか?

決済方法の1つに使えるお金を予め振り込んでおいて、その分だけインターネットでお金を使えるというものがあります。いわゆるチャージ方式です。これをひきこもっている当人の小遣いから支払うようにしましょう。

小遣い方式でない場合は、何円渡したか必ず覚えておきましょう。お金を渡し過ぎそうな場合はちゃんと「この前○○円渡したよね。これ以上はちょっと無理」と素直に答えて大丈夫です。責め立てた言い方にならないように注意が必要ですが。

3:ネット通販は「お小遣い」で対応

先ほども言いましたが、クレジット決済を任せるのは危険が多いです。なので「銀行振込」「代引き」などの方法で決済をオススメします。できるなら代金の支払いは当人にさせるのが良いと思います。無理をさせるのは禁物ですが、お金の重みを知る、手続きの仕方を知る機会になります。ちょっとしたことが社会経験になります。

支払う代金はお小遣いから支払わせるようにすることを強くオススメします。少なくとも与えた金額の管理はしっかりとすることが良いです。お小遣いをオススメする理由としては「限られたお金の中で自分の使いたい物を買う」という「予算管理」がひきこもっている当人に定着するからです。これも重要な経験だと思います。

4:話をするときは「感情を交えない」

一番問題になるのが「どうやってひきこもっている当人に伝えたらいいか?」だと思います。当人の性格にもよるので何とも言えないのですが、大切なのは正直に事実だけを話すことだと思います。「家庭の経済的事情」「1カ月あたりで渡せるお金」などをあくまで事実を話してください。そして「無理なことはできない」と伝えることです。

注意してほしいのは「感情を交えない」ことです。お金の問題は他のことよりシビアな話になりやすいです。「何もしていないんだから」「少しは働いてみたら」などひきこもり当事者を責め立てる言葉を吐いてしまいやすいです。

例えば、自分の知らない宅配が来て高額なお金を支払わないといけない、勝手に注文している場合があります。言いたいことはいっぱいあるでしょうが、いずれにしても感情的にならずに話してください。あくまで「無理なことはできない」「買うときは事前に話してほしい」という「事実」のみで話すことが冷静になれるコツです。怒りトリ サイズ小

参考になりましたか?基本的にお金はひきこもっていても必要です。懐具合と相談して渡してあげてください。理不尽な兵糧攻めは「自分のこと好きじゃないんだ」と思う可能性が高いです。でも過剰な要求に「無理なことはできない」と言えるのも重要です。そして冷静な気持ちを心がけてください。

お金を支払う基準については「ひきこもっている子どもにお小遣いをあげるのはどうなの?」にてお話しますね。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL